薬剤師 転職

薬剤師のキャリアを活かして有利に転職する方法
MENU

転職を相談を家族にするべきか?

薬剤師に転職を考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。所帯を持つ人なら、家族に相談せずに職を変わってしまうのは避ける方がいいですよね。


家族に内緒で転職してしまったら、それが原因となって離婚する可能性もあるでしょう。どんな転職の理由がよいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を思考してください。誰かに見せるためではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。




次に、それをポジティブな印象になるように表現を変換してください。


転職することに至った経緯が長くなると言い訳しているように受け取られるので、長くなりすぎないようにしましょう。


転職するなら、不動産業界にしようと考えているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。宅建主任者資格の有無で、会社によって採用を見合わせる場合もあると考えられます。


その仕事内容によって必要とされる資格も変わりますので、転職の前に、仕事に見合った資格を取得しておくのも良い方法です。焦燥感に駆られながら薬剤師の転職活動をすると、目先のことにとらわれて、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選択しがちです。その結果、前歴よりも年収が低くなってしまう事もあります。それでは、一体何のために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。給料にも満足できるような職に就きたいなら、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。


人材紹介の会社を通して納得のいく転職が出来た人も増えています。

自分だけで薬剤師の転職活動を行うのは、精神的にキツイことも多いです。



転職先がなかなか決まらないと、これ以上どうしたら良いのか、分からなくなることもあります。

人材紹介会社を使用すれば、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。転職の理由が年収アップだという方も多数派なのではないでしょうか。

確かに、薬剤師に転職をすればお給料が増えることもあると思います。




ただ、給料がダウンしてしまう可能性も否定できないことを十分承知しておきましょう。


お給料を増やすためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが大事な点となります。


普通、転職する際に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があります。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認識させることが可能です。



法律を熟知する行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。転職する理由は、書類選考、また、面接において最も重要です。


相手に納得してもらう理由がなくては評価が低いものとなってしまいます。

ですが、転職したい理由を聞かれても上手に言えない方も多いと思います。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、苦労するのが、この転職理由です。長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率的な仕事を希望」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」と記載すると良いと思います。



言いかえることでネガティブな転職理由も、プラスになることもあるのです。履歴書の書き方は、150文字から200文字程度にするようにします。




薬剤師に転職をするときに求められる資格というのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が有利なようです。



特に、建築や土木関係では、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を所有していないと業務ができないという仕事が多くあるので、狙い目となっているかもしれません。


このページの先頭へ