薬剤師 転職

薬剤師のキャリアを活かして有利に転職する方法
MENU

転職先が決まってから辞めるべき?

人材紹介会社を介して転職がうまくいった人も多く見られます。




自分だけで薬剤師の転職活動を行うのは、へこむことも多いものです。

転職先が見つからない状態が続くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。人材紹介会社のサービスを頼れば、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。転職するなら、不動産業界にしようと考えているのなら、宅建主任者資格を取られることが必要となります。




宅建主任者の資格を持っていないと、就職がむずかしい企業も報告されています。


どのような仕事をするかによって必要とされる資格が違うので、転職の前に、仕事に見合った資格を取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。


転職する理由は、書類選考や面接において非常に重要視されます。


相手を味方につける理由がないと低い評価になってしまうでしょう。ただ、転職する理由を聞かれたとしても上手く答えられないという方も多いと思います。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、苦労するのが、この転職理由です。


焦燥感に駆られながら薬剤師の転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選んでしまうこともあります。


その結果、今までの職より年収が低くなることも多いです。だったら、なんのために転職したのかと後悔したくなるでしょう。




年収アップにこだわるのであれば、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。


転職しようとする際に、求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。


また、建築や土木系では建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を有していないと実際に働くことができないという仕事がたくさんあるため、狙い目と言えるかもしれません。どんな転職の理由がよいかというと、まず、心から転職したいと思ったわけを思い出してください。思いつくままに説明する訳ではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。

そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように説明する方法を変えてください。長々と転職の理由が続くと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、なるべく短くなるように気をつけましょう。長時間労働が原因で辞めた時は「効率を重視した仕事がしたい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載するとイメージは悪くありません。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。履歴書を書くときに注意しなければならないのは、理想は150文字から200文字程度です。



異なる業種に職を変えるのは困難であるという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結果から述べますと、違う業種に転職するのは難しいものです。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。


ただ、確実に無理というわけではないので、努力の仕方によっては違う業種の会社に就職できることもあります。給料アップのための薬剤師に転職を希望されている方も多数を占めていると思います。



確かに、薬剤師に転職をすれば年収の増加を期待できる可能性があります。

ただし、お給料が少なくなってしまう恐れも考えられることを十分理解しておく必要があります。お給料を増やすためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが大事な点となります。


今の職に就いている間に、薬剤師の転職活動を始めて、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。


退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐ働けますが、転職する先がなかなか決まらないケースもあります。無職の状態で、半年を超えてしまうと、就職先が少なくなりますから、後先を考えずに、今の仕事を辞めないようにしてください。


このページの先頭へ