薬剤師 転職

薬剤師のキャリアを活かして有利に転職する方法
MENU

給料をアップするための転職

給料アップのための薬剤師に転職を希望されている方も多いことでしょう。



確かに仕事を変わることで年収の増加を期待できる可能性があります。




ただし、お給料が少なくなってしまう可能性はいつも付きまとうことをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収アップを勝ち取るためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要となります。




薬剤師に転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それなりの時間が掛かることでしょう。



今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、仕事探しのために割ける時間は多く取ることは難しいでしょう。そんな時に、一度試して欲しいのが転職サイトを利用することです。



転職サイトへ登録することにより、キャリアコンサルタントという呼び名のサポートスタッフも、一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。薬剤師の転職活動は辞職前から行い、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。



退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職先がすぐに決まらないケースもあります。


職の無い期間が半年以上を過ぎると、ますます就職先が減っていきますから、後先を考えずに、今の仕事を退職しないようにしましょう。


異なる業種に転職するのは困難であるという印象が強いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。




経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。

しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の程度によっては異なる業種に職を変えられることもあるものです。

どのような転職理由がいいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を振り返ってください。


誰かに見せるためではないので、思いつくままにノートに書きましょう。




そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように説明する方法を変えてください。

長々と転職の理由が続くと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。薬剤師に転職を考えたときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。




これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動を考えている人にもおすすめしたい資格です。

社会保険労務士という資格を得ていると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。

人材紹介の会社を通して納得のいく転職が出来た人も少なくありません。


自分だけで薬剤師の転職活動を進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。転職活動が長引くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。




人材紹介会社のサービスを頼れば、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。転職する理由は、書類選考、また、面接においてとても大切です。



相手が納得するような理由でないと低い評価になってしまうでしょう。しかし、転職にいたった理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いと思います。

多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、苦労するのが、この転職理由です。


一般論として、転職に、有効だと思われている資格に中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認めてもらうことができます。




法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。

転職しようと考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。所帯を持つ人なら、家族に相談せずに薬剤師に転職をしてしまうことは避けるほうが賢明ですからね。


家族に内緒で転職してしまったら、それが原因となって離婚する可能性もあるでしょう。


このページの先頭へ