薬剤師 転職

薬剤師のキャリアを活かして有利に転職する方法
MENU

よい労働条件の職場を見つける方法

焦燥感に駆られながら薬剤師の転職活動をすると、職を決めることを優先してしまって、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選ぶこともあるかもしれません。




その結果、今までの職より収入が減ってしまう事があります。これでは、何のために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。年収アップにこだわるのであれば、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要なことです。


相手を味方につける理由がないと評価が落ちます。ところが、転職する理由を聞かれても答え方がわからない人も多いはずだと思います。


多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、苦労するのが、この転職理由です。


面接の場では、身だしなみにはしっかり気をつけるようにしましょう。


清潔感のある着こなしで面接に臨むということがポイントです。




緊張するだろうと思いますが、模擬練習をしておき、面接の準備をしておいてください。面接官から質問されることは大体決められていますので、事前に、答えを想定しておくことが大事です。お給料アップを目指して転職希望の方もたくさんおられるでしょう。



確かに、薬剤師に転職をすれば年収があがることはあり得ることです。

ただし、お給料が少なくなってしまう可能性はいつも付きまとうことをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。




お給料を増やすためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要なポイントとなります。薬剤師に転職を考えたときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。

これまで積み重ねてきた経験を生かした薬剤師の転職活動を考えている人にもおすすめしたい資格です。



社会保険労務士の資格があると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。不動産業界で転職先をみつけたいと考えているのであれば、まず、宅建主任者の資格を取得されるのがおすすめです。




宅建主任者資格がない場合、就職することが困難な企業もあるようです。


業界ごとに必要な資格が変わりますから、薬剤師に転職を決める前に業種に見合った資格を取得しておくことは良いアイデアだといえるでしょう。




薬剤師に転職をしようかなと考えた場合、まずは、一番身近な存在の家族に相談を持ちかける人が多いはずです。




ご家庭がある人なら、家族の誰にも伝えないままで職を変わってしまうのは止めた方が無難です。


家族に内緒で転職してしまったら、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性も出てくることになります。転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、それなりに時間を必要とするでしょう。



今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職のために費やせる時間は多くは取ることはできないでしょう。

そんな時に、一度試して欲しいのが転職サイトへの登録です。転職サイトでは会員登録することによって自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。薬剤師に転職をするときに求められる資格というのは、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が有利なようです。

それに、建築とか土木系の場合には、「業務独占資格」と言われる建築士のような、その資格を所有していないと実際に仕事につけないという仕事が多くあるので、狙ってみるといいかもしれません。



今の職に就いている間に、薬剤師の転職活動を始めて、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職後は、時間が自由ですし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決まらない場合もあります。

職の無い期間が半年を超えてしまうと、ますます就職先が減っていきますから、後先を考えずに、今の仕事を辞めない方が良いでしょう。


このページの先頭へ