薬剤師 転職

薬剤師のキャリアを活かして有利に転職する方法
MENU

転職したい理由あれこれ

どんな転職の理由がよいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を思考してください。


誰かに見せるためではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。


次に、それをポジティブな印象になるように言葉の使い方を変更してください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長さには注意しましょう。


年収アップのための転職希望者も多くおられることでしょう。確かに、薬剤師に転職をすればお給料が増えることもあると思います。

ただし、お給料が少なくなってしまう可能性も考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。


年収アップを勝ち取るためには、いかに高年収の仕事を落ち着いて探すことができるかが大事な点となります。




転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。


これまで築いてきた経験を使った薬剤師に転職を考えている方にもお勧めできる資格なのです。

社会保険労務士の資格を得ていると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。



転職理由は書類選考や面接の中で最も重要です。




相手に理解してもらう理由が無い限り評価が低いものとなってしまいます。


でも、転職したい理由を質問されても答え方がわからない人も多いと思います。


多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由のために苦労します。一般的に、転職する際、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士をあげることができます。



中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認識させることが可能です。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。



面接を行う際、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。

清潔感のある装いで面接に臨むということがポイントです。

ドキドキするだろうと思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。


面接で問われることはほとんど決まっていますから、前もって、答えを準備しておくことが大事です。



焦燥感に駆られながら薬剤師の転職活動をすると、迷っている余地がなくなってしまって、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選んでしまうこともあるでしょう。


その結果、転職前よりも年収が低くなることも多いです。これでは、何のために転職したのかと後悔したくなるでしょう。




収入的にも満足できる薬剤師に転職を目指すのなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。


違う仕事に転職するのは困難であると考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、違う業種に転職するのは難しいものです。




経験者と未経験者の2名がいた場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。


ただ、確実に不可能というわけではないですから、がんばり次第では異なる職種に就けることもあると思います。薬剤師に転職をしようかなと考えた場合、まずは一番身近な家族に相談を持ちかける人が多いはずです。


所帯を持っている方なら、家族と話し合いをしないで薬剤師に転職をしてしまうことは止めておくべきでしょう。

家族に相談せずに薬剤師に転職をしてしまったら、それが原因となって離婚する可能性も出てくることになります。




転職しようとする際に、求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。

それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を所有していないと仕事ができないという仕事が多くあるので、狙いやすくなっているかもしれません。

このページの先頭へ